体重が減少してしまう原因って何?

体重が減少する原因はいくつも考えられますが、突き詰めるとカロリーの吸収量と消費量のバランス崩れに行き当たります。
減少する原因は主に体の元となる食事量の不足や水分不足、筋肉を増やす運動の不足、運動量や仕事量などの過多による消耗、病気などによる消耗あるいは吸収阻害などが考えられます。
食事面では体の6割以上を占める水分とエネルギー源であるカロリーの不足に関しては体が健康であれば摂取量を増やせばすぐに回復することができます。
ただし内臓が弱っている場合や、内臓機能を調節する神経(脳も含む)が弱っている場合は必要量を食べてもうまく吸収することができないので注意が必要です。
運動不足は体重も減らします。
運動すると体重が減ると思いがちですがそれは脂肪を減らすための有酸素運動で、重量アップを考えるなら筋トレがカギとなります。

負荷は軽いものでも十分で、日々の生活活動や日常動作を見直すだけでも効果があります。
ただし運動量が増えると消耗量も増えますので、食事量を増やすなどバランスも考えましょう。
もう一つの原因が消耗量の過多と吸収阻害で、食事も運動も問題ないのに体重が減少するような場合は生活環境と健康面の注意が必要です。
消耗量の過多は休息すれば問題ありませんが、吸収不足の場合は健康面で注意をしましょう。

11taijuu

体重減少とストレスは関係あるの?

体重の減少の原因として、ストレスが挙げられます。
まず、仕事などで忙しいスケジュールだったり、睡眠があまりとれないなど生活リズムが不規則だと、肉体的に大きなストレスがかかってしまいます。
また、肉体的なストレスが原因で、精神的にも不安定な状況になっているという人も多いでしょう。
このような際に、食欲が減ってしまい、体重が減少してしまうことが多いです。
何かを食べてもおいしいと感じられなくなったり、そもそも物を食べたいという気持ちもなくなってしまうことがあります。

これは、ホルモンが影響しています。
疲れを感じることで、「コルチゾール」というホルモンが体の中で分泌されますが、このホルモンが増えてしまうと、血糖値が上がりやすくなって、食欲が抑えられてしまいます。
そうすると、お腹が減らなくなって、ご飯を食べる量が減って体重が減少してしまうのです。
このように、ストレスを感じることで、体重が減少してしまうということがあります。
自分の趣味を楽しんだり、入浴して湯船にゆっくりつかってリラックスするなどして、ストレスを減らすように心がけましょう。
女性だと、体重減少によって肌荒れが起こる可能性もあるので、気をつけましょう。

12taijuu

食欲不振で体重が減少したらどうすればいい?

何となく食べる気が起こらず、食欲不振で体重が減少していく場合、考えられる原因としてまず何らかの病気が挙げられます。
例えば、バセドウ病や糖尿病などです。
これらは思いあたる節がないのに急激に体重が減少することがあります。
その他にも思わぬ病気が隠れている可能性があるため、もし食欲不振の状態が何日も続き、体調が思わしくない場合は医療機関を受診することがおすすめです。
次に、ストレスが原因で食欲不振になり、体重が減少していくことがあります。

何か仕事や私生活で悩んでいることがあるとき、自分では大丈夫だと思っていても体は知らず知らずの内にダメージを受けているかもしれません。
この場合、ストレスの元となっているものを特定して取り除くことが大切ですが、もしかしたら自分では気が付かないこともあるかもしれません。
そのため、少し疲れたなと感じたり、鬱憤した感情を感じるようなことがあれば、自分の好きなことをやってみたり、適度に休息を挟んでリラックスしてみたりと、自分を労わってあげることが大切です。
このように食欲不振によって体重が減少していくことは決して珍しくなく、人によってその原因はさまざまですが、少しでも何かがおかしいなと思ったら、適切な対処法をとることが大切です。

13taijuu

どんな対策方法があるの?

体重の減少の対策として、しっかりと栄養バランスのとれた食事を摂るように心がけましょう。
偏食や、無理なダイエットを避けて、たんぱく質や炭水化、ビタミン、ミネラル、脂質などの主要な栄養素をバランス良く摂取するように食事を考えていくと良いです。
ダイエットのためにカロリーを控えようとする人も多いですが、逆にカロリーが不足してしまうとエネルギー不足になって、免疫力や集中力の低下、肌荒れなど体にさまざまな悪影響があるため、しっかりカロリーを摂るようにすることも大切です。
また、ストレスを溜めないことも、体重減少の対策として重要なポイントとして挙げられます。

普段仕事などで忙しく過ごしていると、自分では自覚が無くてもストレスを溜めてしまって、体重が減少してしまうということがあります。
そこで、休日は仕事などのことを忘れてゆっくりと休み、何か悩みがある時には人に相談するなど、ストレスを溜めないように心がけましょう。
睡眠時間を確保し、質の良い睡眠を摂ることも大切です。
入浴する際も湯船にゆっくりとつかってリラックスしたり、寝る前に軽いストレッチを行ったりして、質の良い睡眠を摂ることは、ストレス解消になり体重減少の対策にもなります。

14taijuu

体重減少と眠気の症状があるのは病気の前触れ?

体重の減少と眠気の症状があるのは、何らかの病気を患っている恐れがあります。
ただし、一過性の症状ですぐに治った時には、単なる肉体疲労やストレスの蓄積ですので、特に心配することはありません。
もし、体重の減少と眠気の症状がずっと続く場合はがんなどの病気の恐れもあるため、医療機関で精密検査を受けることが必要です。
体重減少と眠気の症状が続く場合に考えられる病気には、糖尿病やがん、うつ病などがあります。
糖尿病になると初期の段階では体重が増加しますが、症状が悪化すると減少に転じます。

糖尿病になるとインスリンの分泌が悪くなり、食品に含まれているブドウ糖をエネルギー源にすることができなくなります。
そのため、脂肪や筋肉をエネルギー源にせざるを得なくなり、だんだんと痩せてきます。
胃がんや食道がんなどの消化器系のがんになると、食欲不振になり、体重が減少してきてぐっすりと眠れなくなってきます。
うつ病の場合も食欲不振になることで痩せてきて、うつ病が悪化すると不眠症になり、日中は眠気を感じるようになります。
いずれの場合も自己判断は禁物ですので、まずは病院で精密検査を受けて正確な病名を診断してもらい、適切な治療を受けることが必要です。

15taijuu

体重減少と体重増加

体重減少で困っている場合、上記のようにいくつか解決策があります。
もちろん、ここに書いてある情報が解決策の全てではありません。
太りたい方が参考にしているサイトがあります。